スナイパーモードとは

より詳細な資料はこちらよりダウンロード可能です。
ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンらによって提唱されたプロスペクト理論を考慮し開発したAIエンジンにより、より勝ちやすいポイントで投資金額を増額していく、QUOREA独自の自動売買モードです。

※現在、期間限定にて追加料金なしでご利用いただけます。


上図のように、買いロボットが①~③のポイントでポジションを持ち、②と同値で決済をした場合を例にとります。

通常モード

証拠金不足を避けるよう、投資金額はポジションをもつごとに減少していく仕様のため、ポイント①が最も投資金額が大きく、ポイント③が最も投資金額が少なくなります。

※投資金額は① > ② > ③の順となります。

そのため、ポイント①~③のポジションは、トータルで損失(例では4万円の損失)となります。

スナイパーモード

最も勝ちやすい(値段の安いポイントでのエントリである)ポジション③が最も投資金額が大きく、逆に最も勝ちにくいポジション①が最も投資金額が少なくなります。

※め投資金額は③ > ② > ①の順となります。

そのため、ポイント①~③のポジションは、トータルで利益(例では4万円の利益)となります。

尚、各ポジションの投資金額は証拠金不足にならないよう計算された上で決定されます。

スナイパーモードにはこちらより、自動売買モードとしてスナイパーモードを選択することで設定可能です。


ただし、スナイパーモードに設定するためには、以下の条件がございます。

  1. 自動売買設定が完了していること
  2. 運用資金が日本円換算にて500,000円以上であること

スナイパーモードを設定した場合、以後、投資金額はAIによってコントロールされます。そのため、ご自身による取引量の調整は行えません。

また、スナイパーモード設定後、運用資金が日本円換算にて300,000円を下回った場合、スナイパーモードは自動的に解除されます。ご理解の上ご利用ください。

モード
ロボット